高見澤 菜穂子(Naoko Takamizawa)

高見澤菜穂子
早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所 ヘルスフード科学部門
次席研究員(研究院助教)
略歴
2002年4月1日
十文字学園女子大学 人間生活学部食物栄養学科 入学
2006年3月20日
十文字学園女子大学 人間生活学部食物栄養学科 卒業
2006年4月1日
和洋女子大学大学院 総合生活研究科総合生活専攻
修士課程 入学
2008年3月18日
和洋女子大学大学院 総合生活研究科総合生活専攻
修士課程 修了(家政学修士取得)
2011年4月1日
和洋女子大学大学院 総合生活研究科総合生活専攻
博士後期課程 入学
2013年9月20日
和洋女子大学大学院 総合生活研究科総合生活専攻
博士後期課程 修了(学術博士取得)
2008年4月1日
 ~2014年3月31日
和洋女子大学生活科学系 助手
資格・免許
2006年1月
サプリメントアドバイザー
2006年3月
フードスペシャリスト
2006年3月
栄養士免許
2006年5月
管理栄養士

研究テーマ

卒業論文 「成長期ラットの長期亜鉛無添加食餌投与の影響」
修士論文 「紅茶と乳酸菌の組み合わせによる耐糖能改善作用に関する研究」
博士論文 「紅茶およびアマニの耐糖能改善効果と作用機序に関する研究」

メッセージ

『美味しく・楽しく・元気に』
食べることが大好きで、管理栄養士になったと言っても過言ではありません。
人間ほど食事を楽しむ動物はいないのではないでしょうか。
そう考えると、人間で良かった!と心から思います。

健康のためには、毎日規則正しい生活と、バランスの取れた食事が大事だという事は誰しもわかっているはずです。
ですが、それができない日が多々あるのが現状です。
そんな時にサポートしてくれるのが、機能性食品やサプリメントだと私は思います。
また、食品の機能性を理解することで、その時必要な栄養素を補ったり、取り過ぎを抑制したりすることができ、
それぞれの食品の良いところを食事で応用することが可能になります。

食品の未知の機能性を探索し、健康の維持・増進につなげることを目標に、日々楽しく研究を続けていきます。
ページの
トップへ戻る