活動内容

学会発表(国際学会)

  • Anti-inflammatory activity of Dictyopteris undulata on Acute Inflammation in animal models
5th World Fisheries Congress
廣瀬 貴生、他 (ポスター), 2008年10月23日
  • Anti-hyperglycemic effect of Kamaboko in mice.
5th World Fisheries Congress
本間 篤史、他 (口頭), 2008年10月21日
  • Evidence and mechanism of phosphatidylserine for a brain food
韓国PSセミナー2008
矢澤 一良、他 (口頭), 2008年7月4日
  • Recent evidences of biological activity of astaxanthin
Italian Japanese Joint Symposium "Natural products and functional foods" 
矢澤 一良、他 (口頭), 2008年6月28日
  • Suppressive effects of Anoectochilus formosanus extract on osteoclast formation in vitro and bone resorption in vivo
Italian Japanese Joint Symposium "Natural products and functional foods" 
増田 貴久子、他 (ポスター), 2008年6月28日
  • Evidence and mechanism of phosphatidylserine for a brain food
2008 Annual Meeting of Korean Society of Food Scienc and Technology
矢澤 一良、他 (口頭), 2008年6月20日
  • Effects of astaxanthin and exercise on mitochondrial enzymes in mice
The 15th International Symposium on Carotenoids
池内 眞弓、他 (口頭), 2008年6月23日
  • Anti-hyperglycemic effects of Japanese maples “Momiji” in mice.
International Conference on Food Factors for Health Promotion
本間 篤史、他 (ポスター), 2007年11月28日
  • Beneficial effects of astaxanthin in obese mice fed a high-fat diet.
International Conference on Food Factors for Health Promotion
池内 眞弓、他 (ポスター), 2007年11月28日
  • Astaxanthin supplementation improves exercise-induced fatigue in mice.
International Conference on Food Factors for Health Promotion
池内 眞弓、他 (ポスター), 2007年11月28日
  • Properties of phospholipases from marine bacteria
98th AOCS Annual Meeting & Expo, A joint World Congress with the Japan Oil Chemists’ Society
矢澤 一良、他 (口頭), 2007年5月13日
  • Screening of phospholipase A1 from marine bacteria for food processing at low temperature
98th AOCS Annual Meeting & Expo, A joint World Congress with the Japan Oil Chemists’ Society
西原 政晃、他 (口頭), 2007年5月13日
  • Effect of Laminaria japonica extract on blood glucose level in mice
19th International Seaweed Symposium
練尾 有香、他 (口頭), 2007年3月26日
  • Investigation of the traditional Japanese food ‘Tororo-kombu’-(Ⅱ) inhibitory effect of trigly- ceride absorption in rats
19th International Seaweed Symposium
宮田 光義、他 (口頭), 2007年3月26日
  • Suppressive effect of the immature tangle Laminaria japonica on hyperglycemia after carbohydrates loading in mice
1st International Congress for Medical Use of Functional Foods(第1回 国際機能性食品医用学会)
練尾 有香、他 (ポスター), 2006年11月16日
  • Properties of phospholipase A1 from marine bacteria and its hydrolyzed products
1st International Congress for Medical Use of Functional Foods(第1回 国際機能性食品医用学会)
西原 政晃、他 (ポスター), 2006年11月16日
  • とろろ昆布の中性脂肪吸収抑制効果について
1st International Congress for Medical Use of Functional Foods(第1回 国際機能性食品医用学会)
宮田 光義、他 (ポスター), 2006年11月16日
  • オオベニゴウカン抽出物の血糖値上昇抑制作用について
国際食品機能学会2005
本間 篤史、他 (ポスター), 2005年4月26日
  • コロハ種子抽出物の脂肪吸収抑制効果成分とその作用メカニズムの検討
国際食品機能学会2005
半田 敏章、他 (ポスター), 2005年4月26日
  • サングレ・デ・グラードのコレステロール吸収抑制作用
国際食品機能学会2005
横澤 美紀、他 (ポスター), 2005年4月26日
  • マカ抽出物長期投与による持久力向上および抗疲労作用
国際食品機能学会2005
池内 眞弓、他 (ポスター), 2005年4月26日
  • 金線蓮の骨粗鬆症予防作用
国際食品機能学会2004
増田 貴久子、他 (ポスター), 2004年5月26日
  • コロハ抽出物の脂肪吸収抑制効果について
国際食品機能学会2004
半田 敏章、他 (ポスター), 2004年5月26日
  • マコンブ幼少体および成熟体の血糖値上昇抑制効果
国際食品機能学会2004
柄戸 真理子、他 (ポスター), 2004年5月26日

学会発表

  • バナナの皮抽出物の前立腺肥大抑制作用について
第6回 日本機能性食品医用学会学術集会
石井 美深、他 (ポスター), 2008年12月7日
  • ヒジキの骨粗鬆症予防作用
第6回 日本機能性食品医用学会学術集会
大野 将人、他 (ポスター), 2008年12月7日
  • モンビン樹皮のマウス血糖値上昇抑制作用と食品への応用に関する研究
第6回 日本機能性食品医用学会学術集会
城﨑 美幸、他 (ポスター), 2008年12月6日
  • モモ葉エキスのマウス血糖値上昇抑制作用と食品への応用に関する研究
第15回日本未病システム学会学術総会
城崎 美幸、他 (ポスター), 2008年11月2日
  • 金線蓮抽出物の骨粗鬆症予防作用
第15回日本未病システム学会学術総会
増田 貴久子、他 (ポスター), 2008年11月2日
  • バナナの皮(Musa.spp.)抗アンドロゲン作用
第29/30回日本臨床栄養学会総会、第6回大連合大会(東京)
石井美深、他 (口頭), 2008年10月11日
  • レモンの葉アンドロゲン用作用について
第29/30回日本臨床栄養学会総会、第6回大連合大会(東京)
石井 美深、他 (口頭), 2008年10月11日
  • ストロベリーグァバ葉抽出物の抗肥満作用
第29/30回日本臨床栄養学会総会、第6回大連合大会(東京)
尾臺 恭可、他 (口頭), 2008年10月11日
  • メタセコイア球果抽出物による抗肥満作用
第29/30回日本臨床栄養学会総会、第6回大連合大会(東京)
桑原 美由紀、他 (口頭), 2008年10月11日
  • ヒジキ抽出物による骨粗鬆症予防作用
第29/30回日本臨床栄養学会総会、第6回大連合大会(東京)
大野 将人、他 (口頭), 2008年10月11日
  • モモタマナ葉抽出物による骨量減少抑制作用
第29/30回日本臨床栄養学会総会、第6回大連合大会(東京)
中島 千絵、他 (口頭), 2008年10月11日
  • ホスホリパーゼを用いたDHA結合型リゾホスファチジルセリンの調製
日本油化学会第47回年会
鎌田 正純、他 (ポスター), 2008年9月18日
  • ストロベリーグァバ葉抽出物の抗肥満作用
日本脂質栄養学会 第17回大会
尾臺 恭可、他 (口頭), 2008年9月6日
  • ドクダミ葉熱水抽出物の中性脂肪吸収抑制作用
日本脂質栄養学会 第17回大会
宮田 光義、他 (口頭), 2008年9月6日
  • 抗アンドロゲン作用を有する新規食品素材の探索
新規素材探索研究会 第7回
石井 美深、他 (ポスター), 2008年6月6日
  • モモタマナ葉抽出物による骨量減少抑制作用
新規素材探索研究会 第7回
中島 千絵、他 (ポスター), 2008年6月6日
  • カエデ属植物の血糖値上昇抑制作用
新規素材探索研究会 第7回
本間 篤史、他 (ポスター), 2008年6月6日
  • ドクダミ葉熱水抽出物の中性脂肪吸収抑制作用
新規素材探索研究会 第7回
宮田 光義、他 (ポスター), 2008年6月6日
  • ゴーヤ種子の四塩化炭素誘導薬物性肝障害モデルに対する肝障害抑制作用
日本栄養・食糧学会大会 第62回大会
高須 亜由美、他 (), 2008年5月4日
  • ストロベリーグァバ葉抽出物の抗肥満作用
日本栄養・食糧学会大会 第62回大会
尾臺 恭可、他 (), 2008年5月3日
  • マローブルーの前立腺肥大抑制効果
日本栄養・食糧学会大会 第62回大会
石井 美深、他 (), 2008年5月3日
  • キリ(Paulownia tomentosa)の血糖値上昇抑制作用
日本栄養・食糧学会大会 第62回大会
城﨑 美幸、他 (), 2008年5月3日
  • メタセコイアの実抽出物の脂肪吸収抑制効果について
日本栄養・食糧学会大会 第62回大会
桑原 美由紀、他 (), 2008年5月3日
  • バナナMusa spp.の皮抽出物の抗アンドロゲン作用
日本栄養・食糧学会大会 第62回大会
赤嶺 基一郎、他 (), 2008年5月3日
  • ハナノキの血糖値上昇抑制作用 (第2報)
日本栄養・食糧学会大会 第62回大会
本間 篤史、他 (), 2008年5月3日
  • アスタキサンチン投与と運動による骨格筋の酵素活性への影響
日本水産学会 平成20年度春期大会
池内 眞弓、他 (), 2008年3月29日
  • Moritella sp.HFHI0014株の有するホスホリパーゼA1の安定化および活性向上検討
日本水産学会 平成20年度春期大会
岩崎 純、他 (), 2008年3月28日
  • シマミミズ精製末の持久力向上・抗疲労作用
日本農芸化学会 2008年度大会
大森 貴舟、他 (), 2008年3月28日
  • チョウセンマキの抗炎症作用
日本農芸化学会 2008年度大会
藤田 まなみ、他 (), 2008年3月28日
  • ドクダミの抗アンドロゲン作用
日本農芸化学会 2008年度大会
猿田 由香利、他 (), 2008年3月28日
  • モモタマナ葉抽出物による骨量減少抑制作用
日本農芸化学会 2008年度大会
中島 千絵、他 (), 2008年3月28日
  • 金線蓮抽出物による破骨細胞形成抑制成分
日本農芸化学会 2008年度大会
増田 貴久子、他 (), 2008年3月28日
  • ブラックシードの前立腺肥大抑制効果
日本農芸化学会 2008年度大会
石井 美深、他 (), 2008年3月28日
  • ウボスの血糖値上昇抑制作用
日本農芸化学会 2008年度大会
城﨑 美幸、他 (), 2008年3月27日
  • ブルーエルフィンの血糖値上昇抑制作用
日本農芸化学会 2008年度大会
練尾 有香、他 (), 2008年3月27日
  • ヤマモミジの血糖値上昇抑制作用 第3報
日本農芸化学会 2008年度大会
本間 篤史、他 (), 2008年3月27日
  • ドクダミ葉抽出物の脂肪吸収抑制作用
日本農芸化学会 2008年度大会
宮田 光義、他 (), 2008年3月27日
  • サングレ・デ・グラード(Croton lechleri)抽出物のアンジオテンシンII誘発血圧上昇抑制作用
日本農芸化学会 2008年度大会
藤原 智恵、他 (), 2008年3月27日
  • アスタキサンチン投与と運動が骨格筋の酵素活性に及ぼす影響
第3回アスタキサンチン研究会
池内 眞弓、他 (口頭), 2007年9月7日
  • Moritella sp. の有するホスホリパーゼA1の精製と分子生物学的解析
第59回生物工学会大会
岩崎 純、他 (口頭), 2007年9月25日
  • Moritella sp. の有するホスホリパーゼの精製と性状
第46回日本油化学会年会
岩崎 純、他 (口頭), 2007年9月6日
  • リン脂質加水分解物の機能性評価
第46回日本油化学会年会
西原 政晃、他 (口頭), 2007年9月6日
  • サングレ・デ・グラードの血圧上昇抑制作用
新規素材探索研究会 第6回セミナー
藤原 智恵、他 (ポスター), 2007年6月8日
  • 前立腺肥大抑制作用を有する新規食品素材の探索
新規素材探索研究会 第6回セミナー
赤嶺 基一郎、他 (ポスター), 2007年6月8日
  • ホスホリパーゼA1により加水分解したイカリン脂質の食品としての機能評価
第49回日本脂質生化学会
西原 政晃、他 (口頭), 2007年6月5日
  • マコンブ幼少体の血糖値上昇抑制効果
第10回マリンバイオテクノロジー学会大会
練尾 有香、他 (ポスター), 2007年5月26日
  • アスタキサンチンの抗疲労作用および抗肥満作用
第10回マリンバイオテクノロジー学会大会
池内 眞弓、他 (ポスター), 2007年5月26日
  • 海洋細菌由来ホスホリパーゼA1及びリン脂質分解産物の諸性状
第10回マリンバイオテクノロジー学会大会
西原 政晃、他 (ポスター), 2007年5月26日
  • とろろ昆布の抗肥満作用
第10回マリンバイオテクノロジー学会大会
宮田 光義、他 (ポスター), 2007年5月26日
  • Molitella sp. の有するホスホリパーゼA1の単離と基本性状
第10回マリンバイオテクノロジー学会大会
岩崎 純、他 (口頭), 2007年5月26日
  • 海洋細菌由来ホスホリパーゼA1による卵黄脂質の作用検討
第61回日本栄養・食糧学会大会
野原 淳次、他 (口頭), 2007年5月17日
  • ハナノキの血糖値上昇抑制作用
第61回日本栄養・食糧学会大会
本間 篤史、他 (口頭), 2007年5月17日
  • ストロベリーグァバの葉抽出物の脂肪吸収抑制作用
第61回日本栄養・食糧学会大会
尾臺 恭可、他 (口頭), 2007年5月17日
  • サングレ・デ・グラード (Croton lechleri)抽出物のアンジオテンシンⅡ誘発血圧上昇抑制作用
第61回日本栄養・食糧学会大会
藤原 智恵、他 (口頭), 2007年5月17日
  • モモタマナに破骨細胞形成抑制作用
第61回日本栄養・食糧学会大会
中島 千絵、他 (口頭), 2007年5月17日
  • アミノ酸混合物、カルニチン、コエンザイムQ 10の併用効果による持久力向上、及び抗肥満作用
第61回日本栄養・食糧学会大会
池内 眞弓、他 (口頭), 2007年5月17日
  • 金線蓮抽出物による骨吸収抑制作用とその作用物質の探索
第61回日本栄養・食糧学会大会
増田 貴久子、他 (口頭), 2007年5月17日
  • ホスホリパーゼA1により加水分解したイカリン脂質の生理活性検討
第61回日本栄養・食糧学会大会
西原 政晃、他 (口頭), 2007年5月17日
  • 運動負荷とコラーゲンペプチド経口投与によるマウス精巣周囲脂肪組織重量への影響
第61回日本栄養・食糧学会大会
森田 大紀、他 (口頭), 2007年5月17日
  • モモ(Prunus persica Batsch)の葉の血糖値上昇抑制作用
第61回日本栄養・食糧学会大会
城崎 美幸、他 (口頭), 2007年5月17日
  • 耐塩性糸状菌を用いた環境浄化に関する研究(3)ー海洋環境から分離した糸状菌を用いた染料脱色に関する研究ー
2007(平成19)年度日本水産学会春季大会
小澤 蘭、他 (), 2007年3月27日
  • スクアレンの持久力向上効果に関する研究
2007(平成19)年度日本水産学会春季大会
矢上 優紀乃、他 (口頭), 2007年3月27日
  • とろろ昆布の抗肥満作用
2007(平成19)年度日本水産学会春季大会
宮田 光義、他 (口頭), 2007年3月27日
  • アスタキサンチンの持久力向上作用および抗肥満作用
2007(平成19)年度日本水産学会春季大会
池内 眞弓、他 (口頭), 2007年3月27日
  • 「ウナギ肝」による四塩化炭素誘導肝障害の抑制作用の解明
2007(平成19)年度日本水産学会春季大会
于 北溟、他 (口頭), 2007年3月27日
  • ヤマモミジの血糖値上昇抑制作用(第2報)
日本農芸化学会 2007年度(平成19年度)大会(東京)
本間 篤史、他 (口頭), 2007年3月24日
  • 金線蓮抽出物由来の破骨細胞形成抑制成分の精製
日本農芸化学会 2007年度(平成19年度)大会(東京)
増田 貴久子、他 (口頭), 2007年3月24日
  • バナナ Musa spp.の皮抽出物の抗アンドロゲン作用
日本農芸化学会 2007年度(平成19年度)大会(東京)
赤嶺 基一郎、他 (口頭), 2007年3月24日
  • ハマナスRosa rugosa 抽出物によるRAW264.7細胞から産生される一酸化窒素および各サイトカインへの作用
日本農芸化学会 2007年度(平成19年度)大会(東京)
菅 勝美、他 (口頭), 2007年3月24日
  • キウイフルーツの血糖値上昇抑制作用
日本農芸化学会 2007年度(平成19年度)大会(東京)
城崎 美幸、他 (口頭), 2007年3月24日
  • Moritella sp. の産生するリン脂質分解酵素の安定性評価と精製
日本農芸化学会 2007年度(平成19年度)大会(東京)
岩崎 純、他 (口頭), 2007年3月24日
  • ドクダミの前立腺肥大抑制効果
日本農芸化学会 2007年度(平成19年度)大会(東京)
猿田 由香利、他 (口頭), 2007年3月24日
  • アスタキサンチンの抗肥満作用および抗疲労作用
第2回アスタキサンチン研究会
池内 眞弓、他 (口頭), 2006年9月15日
  • アスタキサンチン長期投与による持久力向上・抗疲労作用
第20回カロテノイド研究懇話会
矢澤 一良、他 (口頭), 2006年9月10日
  • アスタキサンチン投与による抗肥満作用
第20回カロテノイド研究懇話会
矢澤 一良、他 (口頭), 2006年9月10日
  • 海洋細菌由来ホスホリパーゼA1の性質検討
第45回日本油化学会年会
西原 政晃、他 (ポスター), 2006年9月8日
  • Moritella sp.の有するリン脂質分解酵素の加水分解特性
第45回日本油化学会年会
岩崎 純、他 (口頭), 2006年9月8日
  • 海洋細菌由来ホスホリパーゼA1により分解したリン脂質の生理活性評価
日本脂質栄養学会第15回大会
西原 政晃、他 (ポスター), 2006年9月1日
  • スクアレンの持久力向上効果に関する研究
第28回日本臨床栄養学会総会 第27回日本臨床栄養協会総会 第4回大連合大会(東京)
矢上 優紀乃、他 (口頭), 2006年9月1日
  • アスタキサンチンの持久力向上・抗肥満作用
第28回日本臨床栄養学会総会 第27回日本臨床栄養協会総会 第4回大連合大会(東京)
池内 眞弓、他 (口頭), 2006年9月1日
  • 金線蓮抽出物由来の破骨細胞形成抑制物質の探索について
第28回日本臨床栄養学会総会 第27回日本臨床栄養協会総会 第4回大連合大会(東京)
増田 貴久子、他 (口頭), 2006年9月1日
  • パスチャカ Geranium dielsianum 抽出物のアンドロゲン様作用
第28回日本臨床栄養学会総会 第27回日本臨床栄養協会総会 第4回大連合大会(東京)
赤嶺 基一郎、他 (口頭ポスター), 2006年9月1日
  • ヒメアンスリウム抽出物の脂肪吸収抑制作用
第28回日本臨床栄養学会総会 第27回日本臨床栄養協会総会 第4回大連合大会(東京)
宮田 光義、他 (口頭), 2006年9月1日
  • ドクダミの前立腺肥大抑制作用効果
第28回日本臨床栄養学会総会 第27回日本臨床栄養協会総会 第4回大連合大会(東京)
猿田 由香利、他 (口頭), 2006年9月1日
  • ヒメアンスリウム抽出物の脂肪吸収抑制作用
2006年度新規素材探索研究会(第5回)
宮田 光義、他 (ポスター), 2006年6月2日
  • トウカエデの血糖値上昇抑制作用
2006年度新規素材探索研究会(第5回)
本間 篤史、他 (ポスター), 2006年6月2日
  • ウナギの肝粉末による薬物性肝障害予防効果
第9回マリンバイオテクノロジー学会大会
于 北溟、他 (口頭), 2006年5月27日
  • アスタキサンチン投与による抗肥満作用
第60回日本栄養・食糧学会大会
池内 眞弓、他 (口頭), 2006年5月19日
  • 海産動物の腸内より分離したMoritella sp. HFHI0014株の有するリン脂質分解酵素
平成18年度日本水産学会大会
岩崎 純、他 (口頭), 2006年3月29日
  • かまぼこの血糖値上昇抑制作用2
平成18年度日本水産学会大会
本間 篤史、他 (口頭), 2006年3月29日
  • 海洋細菌由来のホスホリパーゼA1によって分解したリン脂質の食品用途開発
平成18年度日本水産学会大会
西原 政晃、他 (口頭), 2006年3月29日
  • マコンブ幼少体の血糖値上昇抑制効果
平成18年度日本水産学会大会
柄戸 真理子、他 (口頭), 2006年3月29日
  • ベトナムツバキの血糖値上昇抑制作用
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
練尾 有香、他 (口頭), 2006年3月26日
  • ドクダミの前立腺肥大抑制作用
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
猿田 由香利、他 (口頭), 2006年3月26日
  • スクワレンの持久力向上効果に関する研究
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
矢上 優紀乃、他 (口頭), 2006年3月26日
  • ヒメアンスリウム抽出物の脂肪吸収抑制作用について
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
宮田 光義、他 (口頭), 2006年3月26日
  • ヤマモミジの血糖値上昇抑制作用について
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
本間 篤史、他 (口頭), 2006年3月26日
  • ヤーコン抽出物の持久力向上作用に関する研究
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
井原 亮、他 (口頭), 2006年3月26日
  • パスチャカ(Geraniumu dielsianum)抽出物のアンドロゲン作用
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
赤嶺 基一郎、他 (口頭), 2006年3月26日
  • 蘇合香抽出物のアンジオテンシンⅡ誘発血圧上昇抑制作用
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
叶 茂、他 (口頭), 2006年3月26日
  • ピロロキノリンキノン(PQQ)の坐骨神経再生促進作用
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
砂賀 満帆、他 (口頭), 2006年3月26日
  • パスチャカ抽出物の脂肪吸収抑制作用について
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
半田 敏章、他 (口頭), 2006年3月26日
  • ウァナルポ・マチョのコレステロール上昇抑制作用
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
横澤 美紀、他 (口頭), 2006年3月26日
  • ウナギの肝粉末による肝障害抑制作用
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
于 北溟、他 (口頭), 2006年3月26日
  • マカ抽出物の抗肥満作用
日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
池内 眞弓、他 (口頭), 2006年3月26日
  • アジュバント関節炎によるAronia melanocarpaの抗炎症作用
第27回日本臨床栄養学会総会・第26回日本臨床栄養協会総会 第Ⅲ回大連合大会
菅 勝美、他 (口頭), 2005年11月11日
  • CreatineおよびL-carnitineの持久力向上・抗疲労作用
第27回日本臨床栄養学会総会・第26回日本臨床栄養協会総会 第Ⅲ回大連合大会
池内 眞弓、他 (口頭), 2005年11月11日
  • 金線蓮抽出物による骨粗鬆症予防作用
第27回日本臨床栄養学会総会・第26回日本臨床栄養協会総会 第Ⅲ回大連合大会
増田 貴久子、他 (口頭), 2005年11月11日
  • アスタキサンチンの眼精疲労改善作用
第27回日本臨床栄養学会総会・第26回日本臨床栄養協会総会 第Ⅲ回大連合大会
矢澤 一良、他 (口頭), 2005年11月12日
  • Pseudomonas sp. HFKI0020株培養上清中のホスホリパーゼA1の加水分解特性
酵素工学研究会第54回講演会
西原 政晃、他 (口頭), 2005年10月25日
  • Pseudomonas sp. HFKI0020株培養上清中のホスホリパーゼA1の諸症状
第44回日本油化学会
西原 政晃、他 (口頭), 2005年9月14日
  • オオベニゴウカン抽出物の血糖値上昇抑制作用
2005年度新規素材探索研究会(第4回)
本間 篤史、他 (ポスター), 2005年6月10日
  • アジュバント関節炎によるAronia melanocarpaの抗炎症作用
2005年度新規素材探索研究会(第4回)
菅 勝美、他 (ポスター), 2005年6月10日
  • コロハ種子抽出物長期投与によるマウスの持久力向上・抗疲労作用
2005年度新規素材探索研究会(第4回)
池内 眞弓、他 (ポスター), 2005年6月10日
  • 海洋生物由来PLA1産生菌Pseudomonas sp. HFKI0020株の諸症状
第8回マリンバイオテクノロジー学会大会(マリンバイオ熊本2005)
西原 政晃、他 (口頭), 2005年5月28日
  • アルコールによる持久力の低下とその予防に関する研究
第59回日本栄養・食糧学会
矢上 優紀乃、他 (口頭), 2005年5月13日
  • かまぼこの血糖値上昇抑制作用
平成17年度日本水産学会大会
本間 篤史、他 (口頭), 2005年3月31日
  • マコンブ幼少体の血糖値上昇抑制効果
平成17年度日本水産学会大会
柄戸 真理子、他 (口頭), 2005年3月31日
  • オオベニゴウカンの血糖値上昇抑制作用について
日本農芸化学会2005年度(17年度)大会
本間 篤史、他 (ポスター), 2005年3月28日
  • コロハ種子抽出物の脂肪吸収抑制効果成分とその作用メカニズムの検討
日本農芸化学会2005年度(17年度)大会
半田 敏章、他 (ポスター), 2005年3月28日
  • 金線蓮抽出物による破骨細胞形成抑制作用
日本農芸化学会2005年度(17年度)大会
増田 貴久子、他 (ポスター), 2005年3月28日
  • 海洋生物由来ホスホリパーゼA1産生菌の単離
日本農芸化学会2005年度(17年度)大会
西原 政晃、他 (ポスター), 2005年3月28日
  • サングレ・デ・グラードのコレステロール吸収抑制作用
日本農芸化学会2005年度(17年度)大会
横澤 美紀、他 (ポスター), 2005年3月28日
  • マカ抽出物長期投与による持久力向上および抗疲労作用
日本農芸化学会2005年度(17年度)大会
池内 眞弓、他 (ポスター), 2005年3月28日
  • CoenzymeQ10およびL-carnitineの持久力増強および抗疲労作用
第26回日本臨床栄養学会総会・第25回日本臨床栄養協会総会 第Ⅱ回大連合大会
池内 眞弓、他 (口頭), 2004年10月1日
  • コロハ種子の脂肪吸収抑制成分について
2004年度 第3回日本臨床代替医学会学術総会
半田 敏章、他 (ポスター), 2004年9月26日
  • マコンブ幼少体および成熟体の血糖値上昇抑制効果
第7回マリンバイオテクノロジー学会大会
柄戸 真理子、他 (口頭), 2004年6月17日
  • 金線蓮の骨粗鬆症予防作用
2004年度新規素材探索研究会(第3回)
増田 貴久子、他 (ポスター), 2004年6月11日
  • マコンブ幼少体および成熟体の血糖値上昇抑制効果
2004年度新規素材探索研究会(第3回)
柄戸 真理子、他 (ポスター), 2004年6月11日
  • パスチャカの血糖値上昇抑制効果に関する研究
2004年度新規素材探索研究会(第3回)
柄戸 真理子、他 (ポスター), 2004年6月11日
  • 金線蓮の持久力増強作用に関する研究
2004年度新規素材探索研究会(第3回)
池内 眞弓、他 (ポスター), 2004年6月11日
  • コロハ抽出物の脂肪吸収抑制効果について
2004年度新規素材探索研究会(第3回)
半田 敏章、他 (ポスター), 2004年5月30日
  • コロハ種子抽出物長期投与によるマウスの持久力・抗疲労作用
第58回日本栄養・食糧学会
池内 眞弓、他 (口頭), 2004年5月21日
  • マコンブ幼少体および成熟体の血糖値上昇抑制効果
平成16年度日本水産学会大会
柄戸 真理子、他 (口頭), 2004年4月1日
  • 金線蓮による破骨細胞形成抑制作用
日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会
増田 貴久子、他 (口頭), 2004年3月29日
  • パスチャカの血糖値上昇抑制効果に関する研究
日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会
柄戸 真理子、他 (口頭), 2004年3月29日
  • コロハ抽出物の抗肥満作用について
日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会
半田 敏章、他 (口頭), 2004年3月29日
  • 金線蓮の持久力増強作用に関する研究
日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会
池内 眞弓、他 (口頭), 2004年3月29日
  • 卵黄由来のホスファチジルセリンが神経突起伸張に与える影響
日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会
小林 野映、他 (口頭), 2004年3月29日
  • マヨネーズ摂取後のトリグリセライド血中濃度・コレステロール血中濃度変化
平成15年度日本水産学会大会
小林 野映、他 (口頭), 2003年4月1日

学術論文

  • 超短波治療器を用いた5日間連続理学療法の生体への影響
セラピューティック・リサーチ,29(11), 1979-1992 (共著), 2008年11月
  • カスシ(Ribes nigrum L.)果汁の心身および皮膚への影響
セラピューティック・リサーチ,29(11), 1963-1977 (共著), 2008年11月
  • 女性ボランティアにおけるαーリポ酸短期間摂取の心身への影響と安全性
セラピューティック・リサーチ,29(11), 1947-1961 (共著), 2008年11月
  • Inhibitory effects of benzyl benzoate and its derivatives on angiotensin II-induced hypertension
Bioorg. Med. Chem. 16, 7843-7852, 2008. (共著), 2008年8月
  • New Phospholipase A1-producing Bacteria from a Marine Fish
Mar, Biotechnol (2008)10(4):382-387 (共著), 2008年4月
  • Anti-Hyperglycemic Activity of Kiwifruit Leaf (Actinidia deliciosa) in Mice
Biosci, Biotechnol, Biochem., 72(4), 1099-1102,2008 (共著), 2008年 4月
  • Suppressive effects of Anoectochilus formo-sanus extract on osteo-clast formation in vitro and bone resorption in vivo
J Bone Miner Metab,26(2),123-129,2008 (共著), 2008年2月
  • Effects of Astaxanthin in Obese Mice Fed a High-Fat Diet
Biosci, Biotechnol, Biochem., 71(4), 893-899, 2007 (共著), 2007年4月
  • Osteoclast-Forming Suppressive Compounds from Makomotake, Zizania latifolia Infected with Ustilago esculenta
Biosci, Biotechnol, Biochem., 70(11), 2800-2802, 2006 (共著), 2006年11月
  • Effects of Astaxanthine Supplementation on Exercise-Induced Fatigue in Mice
Biol, Pharm. Bull.,29(10), 2106-2110, 2006 (共著), 2006年10月
  • Chaxine a, an Osteoclast-Forming Suppressing Substance, from the Mushroom AGROCYBE CHAXINGU
HETEROCYCLES, 69, 253-258, 2006 (共著), 2006年7月
  • Inhibitory Effects of Pasuchaca(Geranium dielsiaum) Extract on α-Glucosidase in Mouse
Biosci, Biotechnol, Biochem., 70(6), 1482-1484, 2006 (共著), 2006年6月
  • Effects of Fenugreek Seeds(Trigonella foenum greaecum) Extract on Endurance Capacity in Mice
J Nutr Sci Vitaminol, 52, 287-292, 2006 (共著), 2006年3月
  • Hepatoprotective Effect of a Hot-Water Extract from the Edible Thorny Oyster Spondylus varius on Carbon Tetrachloride-Induced Liver Injury in Mice
Biosci, Biotechnol, Biochem., 70(3), 729-731, 2006 (共著), 2006年3月
  • Suppressive effects of astaxanthin against rat endotoxin-induced uveitis by inhibiting the NF-κB signaling pathway
Experimental Eye Research, 82(2), 275-281, 2006 (共著), 2006年2月
  • Effects of Fenugreek Seed Extract in Obese Mice Fed a High-Fat Diet
Biosci, Biotechnol, Biochem., 69(6), 1186-1188, 2005 (共著), 2005年6月
  • Effect of ω-3 fatty acid-containing phospholipids on blood catecholamine concentrations in healty volunteers: a randomized, placebo-controlled, double-blind trial
Nutrition 21, 705-710, 2005 (共著), 2005年1月
  • Effects of Anoectochilus formasanus on Endurance Capacity in Mice
J Nutr Sci Vitaminol, 51, 40-44, 2005 (共著), 2005年1月
  • The effects of Ginkgo biloba extract on lipopolysaccharide-induced inflammation in vitro and in vivo
Experimental Eye Research 79, 181-187, 2004 (共著), 2004年5月
  • Effects of Astaxanthin on Lipopolysaccharide-Induced Inflammation In Vitro and In Vivo
Investigative Ophthalmology & Visual Science, 44(6), 2694-2701 (共著), 2003年6月
  • How does prolonged caloric restriction ameliorate age-related impairment of long-term potentiation in the hippocampus?
Molecular Brain Research, 111, 175-181 (共著), 2003年1月
  • Organotropic Chemopreventive Effects of n-3 Unsaturated Fatty Acids in a Rat Multi-organ Carcinogenesis Model
Jpn J Cancer Res., 92(11), 1175-1183 (共著), 2001年11月
  • Serum Lipid Lowering Effect of DHA Supplemented Bread
J.Oleo Sci,50(8), 673-675 (矢澤一良、他), 2001年8月
  • Production of polyunsaturated fatty acids by polyketide synthases in both prokaryotes and eukaryotes
Science, 13(293), 290-293 (共著), 2001年7月
  • Desmutagenic and bio-antimutagenic activity of docosahexaenoic acid and eicosapentaenoic acid in cultured Chinese Hamster V79 cells
MUTATION RESEACH, 497, 123-130 (共著), 2001年6月
  • Dietary effects of eicosapenataenoic and docosahexaenoic acid esters on lipid metabolism and immune parameters in Sprague-Dawley rats.
Biosci. Biotechnol. Biochem., 64(12), 2588-2593 (共著), 2000年12月
  • Production of eicosapentaenoic acid by a recombinant marine cyanobacterium, Synechococcus sp.
Lipids. 35, 1061-1064 (共著), 2000年10月
  • Effects of Eicosapentaenoic Acid and Docosahexaenoic Acid on Plasma Membrane Fluidity of Aortic Endothelial cells
Lipids, 34(12), 1297-1304 (共著), 1999年12月
  • Protection from Chemotherapy-Induced Alopecia by Docosahexaenoic Acid
Lipids, 34, Supplemenat, S105 (共著), 1999年12月
  • Administration of Docosahexaenoic Acid Influences Behavior and Plasma Catecholamine Levels at Times of Psychological Stress
Lipids, 34, 33-37 (共著), 1999年12月
  • Docosahexaenoic Acid Supplementation Improves the Moderately Severe Dementia from Thrombotic Cerebrovascular Diseases
Lipids, 34, 345-346 (共著), 1999年12月
  • 老齢ラット海馬における不飽和脂肪酸と LTP形成の関連-ドコサヘキサエン酸慢性投与の影響-
日本神経精神薬理学雑誌19, 273-277 (共著), 1999年11月
  • The Effect of Docosahexaenoic Acid on Plasma Catecholamine concentrations and Glucose Tolerance during Long-Lasting Psychological Stress: A double-Blind Placebo-Controlled Study
J. Nutr. Sci. Vitaminol, 45, 655-665 (共著), 1999年6月
  • Dietary Effect of EPA-rich and DHA-rich Fish Oils on the Immune Function of Sprague-Dawley Rats
Biosci.Biotechnol.Biochem., 63(1) , 135-140 (共著), 1999年1月
  • Potential for utilization of the lipid and DHA-rich fatty acid of integument of squid Ommastrephes bartrami
Food Research International, 31(10), 697-701 (共著), 1998年7月
  • Docosahexaenoic Acid Does Not Affect Aggression of Normal Volunteers Under Nonstressful Conditions. A Randomized, Placebo-Controlled, Double-Blind Study
Lipid, 33(7), 663-667 (共著), 1998年7月
  • Effect of Dietary α-Linolenic, Eicosapentaenoic and Docosahexaenoic Acids on Hepatic Lipogenesis and β-Oxidation in Rats
Biosci. Biotechnol. Biochem., 62(4), 675-680 (共著), 1998年4月
  • 1a-Docosahexaenoyl Mitomycin C: A Novel Inhibitor of Protein Tyrosine Kinase
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 248(3), 858-863 (共著), 1998年3月
  • Modulation of eosinophil chemotactic activities to leukotriene B4 by n-3 polyunsaturated fatty acids
Prostaglandins, Leukotrienes and Essential Fatty Acids, 58(3), 243-248 (共著), 1998年3月
  • Search for Immunosuppressive Substances Produced in the Culture of Enteric Bacteria Isolated from Marine Fish
Journal of Fermentation and Bioengineering, 85(1), 117-119 (共著), 1998年1月
  • Development of Chemical Substances Regulating Biofilm Formation
Bull.Chem.Soc.Jp., 70(12), 3061-3069 (共著), 1997年12月
  • Reduction in formation of 2-amino-1-methyl-6-phenylimidazo[4,5-b]pyridine (PhIP)-induced aberrant crypt foci in the rat colon by docosahexaenoic acid (DHA)
Carcinogenesis, 18(10), 1937-1941 (共著), 1997年10月
  • Lipid and Fatty Acid Compositions of a Novel Docosahexaenoic Acid-Producing Marine Bacterium
Lipid, 32(9), 975-978 (共著), 1997年9月
  • INHIBITORY EFFECTS OF OLEIC AND DOCOSAHEXAENOIC ACIDS ON LUNG METASTASIS BY COLON-CARCINOMA-26 CELLS ARE ASSOCIATED WITH REDUCED MATRIX METALLOPROTEINASE-2 AND -9 ACTIVITIES
Int. J. Cancer, 73, 607-612 (共著), 1997年7月
  • Suppression of azoxymethane-induced rat colon carcinoma development by a fish oil component, docosahexaenoic acid (DHA)
Carcinogenesis 18(7), 1337-1342 (共著), 1997年7月
  • DHA摂取がスポーツ選手の動体視力に及ぼす効果
基礎と臨床, 31(7), 2667-2673 (共著), 1997年7月
  • Inhibitory effects of docosahexaenoic acid on colon carcinoma 26 metastasis to the lung
British Journal of Cancer, 75 (5), 650-655 (共著), 1997年5月
  • Tanzawaic Acid A, B, C, and D: Inhibitors of Superoxide Anion Production from Penicillium citrinum
Chemistry Letters, 885-886 (共著), 1997年5月
  • Fatty Acid Synthesis of an Eicosapentaenoic Acid-Producing Bacterium: De Novo Synthesis, Chain Elongation, and Desaturation Systems
J. Biochem, 122, 467-473 (共著), 1997年4月
  • Expression of the eicosapentaenoic acid synthesis gene cluster from Shewanella sp. in a transgenic marine cyanobacterium, Synechococcus sp.
Microbiology, 143, 2725-2731 (共著), 1997年4月
  • Suppression of Colon Carcinogenesis by Docosahexaenoic Acid
Fundamentals of Cancer Prevention, 56-58 (共著), 1996年11月
  • Three Novel Anti-microfouling Nitroalkyl Pyridine Alkaloids from the Okinawan Marine Sponge Callyspongia sp.
Tetrahedon Letters, 37(11), 1813-1816 (共著), 1996年11月
  • Docosahexaenoic Acid-Rich Fish Oil Does Not Affect Serum Lipid Concentrations of Normolipidemic Young Adults
J.Nutr., 126, 2784-2789 (共著), 1996年7月
  • Improvement by eicosanoids in cancer cachexia induced by LLC-IL6 transplantation
J.Cancer Res Clin Oncol, 122, 711-715 (共著), 1996年6月
  • 痴呆高齢者に対するドコサヘキサエン酸(DHA)投与の効果
脂質生化学研究, 38, 308-311 (共著), 1996年6月
  • Fatty acid and lipid composition of an eicosapentaenoic acid-producing marine bacterium
J. Mar. Biotechnol., 4, 104-112 (共著), 1996年4月
  • Stereospecific Analysis of Triacyl-sn-glycerols on Docosahexaenoic Acid-Rich Fish Oils
JAOCS, 73(4), 483-487 (共著), 1996年4月
  • Pinnaic Acid and Tauropinnaic Acid: Two Novel Fatty Acids Composing a 6-Azaspiro[4.5]Decane Unit from the Okinawan Bivalve Pinna muricata
Tetrahedon Letters, 37(22), 3871-3874 (共著), 1996年4月
  • The Effect of Docosahexaenoic Acid on Aggression in Young Adults A Placebo-conrolled Double-blind Study
J.Clin. Invest., , 97(4), 1129-1134 (共著), 1996年4月
  • ABURATUBOLACTAM A, A NOVEL INHIBITOR OF SUPEROXIDE ANION GENERATION FROM A MARINE MICROORGANISM
Heterocyclic Communications, 2(4), 315-318 (共著), 1996年2月
  • Production of Eicosapentaenoic Acid from Marine Bacteria
Lipids,Vol(31),297-300(1996) (矢澤一良), 1996年1月
  • THE CHRONIC ADMINISTRATION OF DOCOSAHEXAENOIC ACID REDUCES THE SPATIAL COGNITIVE DEFICIT FOLLOWING TRANSIENT FOREBRAIN ISCHEMIA IN RATS
Neouroscience, 71(1), 17-25 (共著), 1996年1月
  • Effects of docosahexaenoic acid(DHA) on intestinal polyp development in APCΔ716 knockout mice
Carcinogenesis, 16(11), 2605-2607 (共著), 1995年11月
  • Digestion and lymphatic transport of eicosapentaenoic and docosahexaenoic acids given in the form of triacylglycerol, free acid and ethyl ester in rats
BBA, 1259, 297-304 (共著), 1995年7月
  • Homocereulide, an Extremely Potent Cytotoxic Depsipeptide from the Marine Bacterium Bacillus cereus
Chemistry Letters, 791-792 (共著), 1995年6月
  • ドコサヘキサエン酸(DHA)イロプロピルエステル点眼のビタミンE欠乏ウサギ網膜に及ぼす影響
あたらしい眼科, 12(4), 683-688 (共著), 1995年4月
  • 痴呆性疾患に対するDHAの臨床的検討
臨床医薬, 11(4), 881-901 (共著), 1995年4月
  • Prevention of 1,2-dimethylhydrazine-induced colon tumorigenesis by HMG-CoA reductase inhibitors, pravastatin and simvastatin, in ICR mice
Carcinogenesis, 15(9), 2045-2084 (共著), 1994年9月
  • Colon Cancer Prevention with a Small Amout of Dietary Perilla Oil High in Alpha-Linolenic Acid in an Animal Model
CANCER, 73(8), 2069-2075 (共著), 1994年8月
  • EPA産生海洋細菌のEPA生合成系遺伝子のクローニングと解析
脂質生化学研究, 36, 417-420 (共著), 1994年6月
  • Effect of docosahexaenoic acid on azoxymethane-induced colon carcinogenesis in rats
Cancer Letters, 83, 177-184 (共著), 1994年5月
  • Complete discrimination of docosahexaenoate from arachidonate by 85KDa cytosolic phospholipase A2 during the hydrolysis of diacyl- and alkenylacylglycerophosphoethanolamine
BBA, 1212, 211-216 (共著), 1994年5月
  • SYNTHESIS AND STRUCTURE - ANTI-TUMOR-PROMOTING ACTIVITY RELATIONSHIP OF MONOGALACTOSYL DIACYLGLYCEROLS
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 4(13), 1619-1622 (共著), 1994年4月
  • ラットアレルギー性結膜炎およびカラゲニン惹起結膜炎に対するL-アスコルビン酸6-ドコサヘキサエン酸エステルの効果
新しい眼科, 11(4), 617-619 (共著), 1994年4月
  • Incorporation of Exogenous Docosahexaenoic Acid into Various Bacterial Phospholipids
JAOCS, 71(3), 325-330 (共著), 1994年3月
  • α- Linolenic, Eicosapentaenoic and Docosahexaenoic Acids Affect Lipid Metabolism Differently in Rats
J. Nutr, 124, 1898-1906 (共著), 1994年3月
  • Differential effect of dietary docosahexaenoic and eicosapentaenoic acids on lipid metabolism in rats
Advanced in Polyunsaturated Fatty Acid Research, 223-226 (共著), 1993年12月
  • Mold Growth Factors in Squid Integument
Nippon Suisan Gakkaishi, 59(10), 1801 (共著), 1993年10月
  • Intravenous Infusion of Tridocosahexaenoyl-Glycerol Emulsion into Rabbits
J. Clinical Invenst., 92, 1253-1261 (共著), 1993年9月
  • Novel Water-Soluble Derivatives of Docosahexaenoic Acid Increase Diacylglycerol Production Mediated by Phosphatidylcholine-Specific Phospholipase C
P.S.E.B.M., 203, 200-208 (共著), 1993年9月
  • Effect of Docosahexaenoic acid on the Generation of Platelet-Activating Factor by Eosinophilic Leukemia Cells, Eol-1
The Journal of Immunology, 150(8), 3523-3533 (共著), 1993年8月
  • Reduction in Formation and Growth of 1,2-Dimetylhydrazine-induced Aberrant Crypt Foci in Rat Colon by Docosahexaenoic Acid
CANCER RESEACH, 53, 2786-2789 (共著), 1993年6月
  • EPA産生海洋細菌の脂肪酸合成反応と鎖長延長反応の特徴
脂質生化学研究, 35, 379-382 (共著), 1993年6月
  • Effects of Fish and Molluscan Meat Extracts on the Growth and Eicosapentaenoic Acid(EPA) Productivity of a Marine Bacterium
Nippon Suisan Gakkaishi, 59(3), 571 (共著), 1993年3月
  • LYMPHATIC TRANSPORT OF EICOSAPENTAENOIC AND DOCOSAHEXAENOIC ASID AS TRIGLYCERIDE, ETHYL ESTER AND FREE ACID, AND THEIR EFFECT ON CHOLESTEROL TRANSPORT IN RATS
Life Sciences, 52, 1371-1379 (共著), 1993年2月
  • Stimulation of Nerve Growth Factor Synthesis and Secretion by Fellutamide A in Vitro
Biosci. Biotech. Biochem., 57(2), 195-199 (共著), 1993年2月
  • ドコサヘキサエン酸(DHA)によるPAF産生抑制効果
脂質生化学研究, 34, 301-304 (共著), 1992年6月
  • Nutritive Fortification of the Rotifer Brachionus plicatilis with Eicosapentaenoic Acid-producing Bacteria
Nippon Suisan Gakkaishi, 58(2), 271-276 (共著), 1992年2月
  • エイコサペンタエン酸産生細菌SCRC-2738の大量培養条件の検討
Nippon Suisan Gakkaishi, 58(2), 323-328 (共著), 1992年2月
  • Fellutamides A and B, Cytotoxic Peptides from a Marine Fish-Possessing Fungus Penicillium fellutanum
Tetrahedron, 47(40), 8529-8534 (共著), 1991年8月
  • Metal Salts Requisite for the Production of Eicosapentaenoic Acid by a Marine Bacterium Isolated from Mackerel Intestines
JAOCS, 68(7), 504-508 (共著), 1991年7月
  • Effect of Arginine on the Production of Eicosapentaenoic Acid(EPA)in EPA-elaborating Bacterium SCRC-2738
Nippon Suisan Gakkaishi, 57(7), 1407 (共著), 1991年7月
  • 各種バクテリアリン脂質へのドコサヘキサエン酸の取り込み
脂質生化学研究, 33, 29-32 (共著), 1991年6月
  • Purification and Charactarization of Aseanostatins: Actynomycete-derived Fatty acid Inhibitors to Myeloperoxidase Release From Human Polymorphonuclear Leukocytes
THE JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 44(5), 524-532 (共著), 1991年5月
  • Production of Eicosapentaenoic Acid by a Bacterium Isolated from Mackerel Intestines
JAOCS, 67(12), 911-915 (共著), 1990年12月
  • 海洋細菌由来のEPAリン脂質の生理活性
脂質生化学研究, 32, 291-294 (矢澤一良、他), 1990年6月
  • Fecal Streptococci Producing Glycosyltransferase
Bifidobacteria Microflora, 9 (2), 99-106 (共著), 1990年2月
  • EPA産生海洋細菌のリン脂質
脂質生化学研究, 31, 247-250 (共著), 1989年6月
  • Isolation of Bacteria Elaborating Glycosyltransferase from the Feces of Humans and Animals
Bifidobacteria Microflora, 8 (2), 95-99 (共著), 1989年2月
  • Eicosapentaenoic Acid Productivity of the Bacteria Isolated from Fish Intestines
Nippon Suisan Gakkaishi, 54(10), 1835-1838 (矢澤一良、他), 1988年10月
  • 海洋細菌による高度不飽和脂肪酸の産生
脂質生化学研究, 30, 219-222 (矢澤一良、他), 1988年6月
  • Production of Eicosapentaenoic Acid by Marine Bacteria
J. Biochemical, 103, 5-7 (矢澤一良、他), 1988年1月
  • Streptococcus faecalis Kawai株熱水処理菌体による脂質代謝改善の作用機序
脂質生化学研究, 27, 311-314 (矢澤一良、他), 1985年6月
  • 腸内細菌関連製剤-シンポジウム(Ⅱ)抗止血剤の作用機序とその効果-
動脈硬化, 13(2), 241-248 (共著), 1985年2月
  • 腸内Streptococcusによる抗動脈硬化作用
脂質生化学研究, 26, 485-488 (矢澤一良、他), 1984年6月
  • 腸内乳酸球菌Streptococciの菌体成分による血清脂質の低下作用
脂質生化学研究, 25, 23-26 (矢澤一良、他), 1983年6月
  • Intestinal microflora and aging:age-related change of enzymes in the liver and the small intestine of germ-free and conventional rats.
Mech.Ageing Dev., 17, 173-182 (矢澤一良、他), 1981年6月
  • Effect and fate of orally administered lactic acid in rats.
J.Nutr.Sci.Vitaminol., 27, 117-128 (共著), 1981年2月
  • Intestinal microflora and aging: age-related change of lipid metabolism in germ-free and conventional rats.
Mech.Ageing Dev., 16, 149-158 (共著), 1981年1月
  • Effect of Lactobacilli on Urinary indican excretion in gnotobiotic rats and in man.
Microbiol.Immunol., 25(2), 101-112 (共著), 1981年2月
  • 腸内細菌叢と脂質代謝-宿主の脂質代謝に与える Streptococcusの影響
脂質生化学研究, 21, 32-35 (矢澤一良、他), 1979年6月

総説

  • モモ葉エキスのマウス血糖値上昇抑制作用と食品への応用に関する研究
日本未病システム学会雑誌別冊 14(.2):257-259, 2008
共著, 2008年12月
  • 金線蓮抽出物の骨粗鬆症予防作用
日本未病システム学会雑誌別冊 14(.2):237-239, 2008
共著, 2008年12月
  • 解説:アンチエイジングとヘルスフード科学
Aging Science Vol.1 2008(華齢, 創刊号)
矢澤一良, 2008年12月
  • 特集:広がりつつあるサプリメントを理解するー腎不全患者に活用するために〔各論〕EPA、DHA
臨床透析, 24(23), 31-34(2008)
矢澤一良, 2008年12月
  • 産学連携のススメ
日本水産学会誌, 74(6), 1102-1103(2008)
矢澤一良, 2008年11月
  • モモタマナ葉抽出エキスの骨粗鬆症改善作用
FOOD Style 21, 12(11), 25-27
共著, 2008年11月
  • モモ(Prunus persica)葉エキスの血糖値上昇抑制作用
FOOD Style 21, 12(10), 31-33
共著, 2008年10月
  • 特集/水産物の生理機能性 水産機能性物質の種類とその働きーマリンビタミンの効用ー
食品と科学,Vol.50,No.10,37-39
矢澤一良, 2008年10月
  • バナナの皮の前立腺肥大抑制作用
FOOD Style 21, 12(9), 37-39
共著, 2008年9月
  • アミノ酸混合物(V.A.A.M),L-カルニチン、CoQ10の併用による持久力向上および抗肥満作用
FOOD Style 21, 12(8), 50-52
共著, 2008年8月
  • 展示会レポートNATURAL PRODUCTS EXPO WEST 2008 米国ヘルスフード市場視察記 視察記
FOOD Style 21, 12(6), 13-17
矢澤一良, 2008年6月
  • リレー投稿:(第8回)ブレインフードとしてのフォスファチジルセリンの有用性
フードリサーチ, 634(4), 34-38
矢澤一良, 2008年4月
  • ストレスと睡眠障害、有効なヘルスフードの利用
FOOD Style 21, 12(4), 43-47
矢澤一良, 2008年4月
  • 海洋性抗酸化成分の展望
食品加工技術、Vol.28,No.1
矢澤一良, 2008年3月
  • 欧米における補完代替医療・ヘルスフード関連機関の視察
日本補完代替医療学会誌、第5巻第1号、65-75
矢澤一良, 2008年2月
  • キウイ葉エキスの血糖値上昇抑制作用
New Food Industry
共著, 2008年3月
  • 健康機能食品とマリンプロダクト-アンチエイジングとマリンビタミンー
アンチ・エイジング医学, Vo4/No1, 2008.2, 56-60
矢澤一良, 2008年2月
  • 「かまぼこ」の血糖値上昇抑制作用の解明と糖尿病予防への応用
浦上財団研究報告書Vol.15
矢澤一良, 2007年12月
  • マコンブ幼少体の血糖値上昇抑制作用
海藻資源,Dec.2007,No.17
共著, 2007年12月
  • とろろ昆布の抗肥満作用
海藻資源,Dec.2007,No.17
共著, 2007年12月
  • 伝統食品「とろろ昆布」の中世脂肪吸収抑制作用
海藻資源,Dec.2007,No.17
共著, 2007年12月
  • 肝機能を改善するヘルスフードネットワーク
FOOD Style 21, 11(11), 51-53
矢澤一良, 2007年11月
  • 「知的食生活」の実践と「ヘルスフード」のチャレンジ
FOOD Style 21, 11(10), 15-17
矢澤一良, 2007年10月
  • 「機能性食品の研究」 第1回予防医学とヘルスフード
フードリサーチ, 627(9), 12-16
矢澤一良, 2007年9月
  • アスタキサンチンの食品機能性5 ~持久力向上作用~
FOOD Style 21, 11(5), 26-27
矢澤一良, 2007年5月
  • 展示会レポートNATURAL PRODUCTS EXPO WEST 2007 視察記
FOOD Style 21, 11(5), 17-19
矢澤一良, 2007年5月
  • ドクダミ抽出物の前立腺肥大抑制作用
FOOD Style 21, 11(4), 37-40
共著, 2007年4月
  • 特集:アスタキサンチン アスタキサンチン研究の現状と未来
食品工業, 50(6), 20-29
矢澤一良, 2007年3月
  • 海洋成分によるアンチエイジングの試み
臨床栄養, 110(3), 274-281
矢澤一良, 2007年3月
  • n-3系必須脂肪酸
治療増刊号, 89, 1240-1247
矢澤一良, 2007年3月
  • 予防医学の立場から見た伝統食品の機能性
伝統食品の研究, 31, 8-17
矢澤一良, 2007年2月
  • 海は「いのち」のみなもと
樂水 No.817, 5-22
矢澤一良, 2007年1月
  • サケ由来コンドロイチン硫酸の経口摂取および経皮吸収によるヒト皮膚への影響
FOOD Style 21, 10(7), 75-79
共著, 2006年7月
  • 中高年から始めるアンチエイジングヘルスフード
食品加工技術, 26(2), 66-77
矢澤一良, 2006年6月
  • 中高年のためのヘルスフード開発
食の科学, 340(6), 12-19
矢澤一良, 2006年6月
  • 生活習慣病、急増 中国でいま急務のヘルスフード開発
食の科学, 339(5), 12-18
矢澤一良, 2006年5月
  • 米国のヘルスフード市場の潮流と展望
FOOD Style 21, 10(5), 17-19
矢澤一良, 2006年5月
  • 食による予防医学 -米国に見るヘルスフード-
食品と容器, 47(5), 260-265
矢澤一良, 2006年5月
  • コラーゲンの摂取によるヒト皮膚への影響 -二重盲検比較対照試験による評価-
FOOD Style 21, 10(4), 30-34
共著, 2006年4月
  • 食の保存性・安全性とおいしさを求めて -ヘスルフードから見た缶詰-
食品と容器, 47(4), 196-199
矢澤一良, 2006年4月
  • 食による病気の予防は可能か(2) -抗酸化成分と疾病予防-
現代化学, 421, 63-69
矢澤一良, 2006年4月
  • 体・脳・心の健康を維持する予防医学
九州保健福祉大学 QOL研究機構 研究報告書, 2, 13-22
矢澤一良, 2006年3月
  • ヘルスフード科学研究の進め方 -東京海洋大学の場合-
食品と容器, 47(3), 143-147
矢澤一良, 2006年3月
  • 予防医学とヘルスフード
缶詰時報, 85(2), 7-22
矢澤一良, 2006年2月
  • マリンビタミンと脳機能賦活
オレオサイエンス, 第6巻第2号, 85-92
矢澤一良, 2006年2月
  • 食育とアンチエイジング -2006年の食と健康にかかわる研究と開発
食品と容器, 47(2), 84-88
矢澤一良, 2006年2月
  • 食による病気の予防は可能か(1) -ヘルスフードと特定保健用食品-
現代化学, 419, 60-64
矢澤一良, 2006年2月
  • 「食育」推進と「ヘルスフード」の研究・開発
フードリサーチ, 607, p31
矢澤一良, 2006年1月
  • デトックス食品 -究極の予防医学 体内ネットワーク-
FOOD Style 21, 9(12), 15-17
矢澤一良, 2005年12月
  • 食の安全性を考える -機能性食品素材と薬の相互作用-
食品と容器, 46(12), 668-673
矢澤一良, 2005年12月
  • Brain Food Ⅲ -抗ストレスハーブ バコパ-
FOOD Style 21, 9(11), 28-31
矢澤一良, 2005年11月
  • 抗肥満食品 -脂肪燃焼ネットワーク-
食品と容器, 46(11), 620-624
矢澤一良, 2005年11月
  • 抗疲労ヘルスフードとしてのコエンザイムQ10とL-カルニチン
化学と工業、Vol.58-10、1215-1217
矢澤一良, 2005年10月
  • 抗疲労および眼精疲労改善食品 -スーパーカロテノイド・アスタキサンチン-
FOOD Style 21, 9(10), 20-23
矢澤一良, 2005年10月
  • 抗ストレス食品 -睡眠改善ミルクペプチド-
食品と容器, 46(10), 555-559
矢澤一良, 2005年10月
  • 特集:生活習慣病におけるサプリメント DHA
成人病と生活習慣病, 35巻9号, 1068-1069 
矢澤一良, 2005年9月
  • 補酵素食品 -CoQ10とα-リポ酸-
FOOD Style 21, 9(9), 130-133
矢澤一良, 2005年9月
  • 食べる美容食品 -アスタキサンチン-
食品と容器, 46(9), 488-493
矢澤一良, 2005年9月
  • 注目のEPAとDHA
アンチ・エイジング医学, Vo1/No2, 2005.8, 95-99
矢澤一良, 2005年8月
  • ホルモン様作用食品 -大豆イソフラボンと金線蓮-
FOOD Style 21, 9(8), 24-28
矢澤一良, 2005年8月
  • 日本の伝統食品Ⅱ -ヘルスフードとしてのタマゴ-
食品と容器, 46(8), 428-432
矢澤一良, 2005年8月
  • 酵素阻害食品 -ACE阻害食品とα-グルコシダーゼ阻害食品-
FOOD Style 21, 9(7), 32-35
矢澤一良, 2005年7月
  • 補酵素食品Ⅱ -α-リポ酸-
食品と容器, 46(7), 368-373
矢澤一良, 2005年7月
  • 脂肪吸収を抑え、持久力を高める「米粉食」
食の科学 2005.6 (No.328), 14-19
矢澤一良, 2005年6月
  • バイオジェニック食品 -免疫乳酸菌ー
FOOD Style 21, 9(6), 30-33
矢澤一良, 2005年6月
  • 日本の伝統食品 -ヘルスフードとしての米-
食品と容器, 46(6), 308-311 
矢澤一良, 2005年6月
  • 予防医学から見たエキス調味料素材の可能性
天然調味料総覧(別冊フードケミカル9), 48-53
矢澤一良, 2005年5月
  • ブレインフード最新研究(特集-新ブレインフード情報)
FOOD Style 21, 9(5), 46-48
矢澤一良, 2005年5月
  • QOL改善食品Ⅰ-関節病防御食品 グルコサミン-
FOOD Style 21, 9(5), 18-21
矢澤一良, 2005年5月
  • QOL改善食品Ⅱ-ノコギリヤシ果実エキスによる前立腺肥大抑制作用-
食品と容器, 46(5), 248-252
矢澤一良, 2005年5月
  • AntioxydantⅠ-スーパーVEトコトリエノール-
FOOD Style 21, 9(4), 18-21
矢澤一良, 2005年4月
  • マリンビタミンⅡ -海洋性アミノ酸およびペプチド類の有用性-
食品と容器, 46(4), 188-192
矢澤一良, 2005年4月
  • Brain FoodⅡ -脳血行促進食品イチョウ葉エキス-
FOOD Style 21, 9(3), 16-19
矢澤一良, 2005年3月
  • 抗疲労食品 -カレー香辛料からの新素材探索-
食品と容器, 46(3), 128-132
矢澤一良, 2005年3月
  • Brain FoodⅠ -脳機能障害予防食品ホスファチジルセリン-
FOOD Style 21, 9(2), 14-17
矢澤一良, 2005年2月
  • 西欧ハーブ医療食品 -ビンカマイナー-
食品と容器, 46(2), 68-74
矢澤一良, 2005年2月
  • コロハ抽出物の疲労回復効果(特別寄稿)
FOOD Style 21, 9(1), 93-96
共著, 2005年1月
  • 抗酸化と予防医学
FOOD Style 21, 9(1), 18-21
矢澤一良, 2005年1月
  • ヘルスフードとしてのEPAとDHAの生理活性
FOOD Style 21, 8(12), 14-16
矢澤一良, 2004年12月
  • ヘルスフード開発の特許戦略と起業
食品と容器, 45(12), 671-675
矢澤一良, 2004年12月
  • ドコサヘキサエン酸
水産学シリーズ142 水産機能性脂質-給源・機能・利用-, 120-132
矢澤一良, 2004年11月
  • 水産機能性物質(マリンビタミン)と予防医学
FOOD Style 21, 8(11), 16-19
矢澤一良, 2004年11月
  • インド伝統医療の応用-バコパの抗不安作用-
食品と容器, 45(11), 604-609
矢澤一良, 2004年11月
  • 機能性食品成分と予防医学
日本水産学会水産利用懇話会ニュース, 218-220
矢澤一良, 2004年10月
  • 予防医学とヘルスフード
FOOD Style 21, 8(10), 22-25
矢澤一良, 2004年10月
  • 酵素阻害食品Ⅱ-糖質吸収抑制成分による抗糖尿病作用-
食品と容器, 45(10), 550-556
矢澤一良, 2004年10月
  • ヘルスフード研究・開発の今後の方向性-最新のトクホ情報-
食品と容器, 45(9), 484-489
矢澤一良, 2004年9月
  • アンチエイジングの新しい動向-サプリメントを中心に- DHA
Geriatric Medicine(老年医学), 42(8) : 1003-1008, 2004
矢澤一良, 2004年8月
  • 酵素阻害食品-ペプチドによる高血圧抑制-
食品と容器, 45(8), 438-442
矢澤一良, 2004年8月
  • 食品中の抗酸化物質Ⅱ-トコトリエノール-
食品と容器, 45(7), 364-369
矢澤一良, 2004年7月
  • ブレインフードとしてのホスファチジルセリン
New Food Industry, 46 (6), 33-40
矢澤一良, 2004年6月
  • 腸内細菌食品-免疫乳酸菌-
食品と容器, 45(6), 304-309
矢澤一良, 2004年6月
  • QOL改善食品-グルコサミン-
食品と容器, 45(5), 255-259
矢澤一良, 2004年5月
  • 動物性食物繊維とその応用-キチン・キトサン-
食品と容器, 45(4), 191-195
矢澤一良, 2004年4月
  • 食品中の抗酸化物質
New Food Industry, 46 (5), 17-24
矢澤一良, 2004年5月
  • 予防医学を目指すヘルスフードの役割-EPAとDHAについて-
臨床病理, 52(3), 249-253
矢澤一良, 2004年3月
  • 骨粗鬆症とイソフラボン-女性ホルモン様作用天然成分-
食品と容器, 45(3), 124‐129
矢澤一良, 2004年3月
  • 魚類腸内微生物からDHA生産遺伝子のクローニングと生産
月刊バイオインダストリー, 21(2), 71-77
矢澤一良, 2004年2月
  • ブレインフード(2)イチョウ葉エキス
食品と容器, 45(2), 71-77
矢澤一良, 2004年2月
  • 高齢者のための知的栄養学(新春誌上座談会)
食品と容器, 45(1), 6-11
矢澤一良, 2004年1月
  • ブレインフード(1)ホスファチジルセリン
食品と容器,44(12),668-673
矢澤一良, 2003年12月
  • 補酵素食品
食品と容器,44(11),608-612
矢澤一良, 2003年11月
  • 魚類腸内微生物によるDHAの生産
海洋, 35, 249-254
矢澤一良, 2003年11月
  • 食品中の抗酸化物質
食品と容器,44(10),552-558
矢澤一良, 2003年10月
  • 活性酸素と抗酸化物質
食品と容器,44(9),488-493
矢澤一良, 2003年9月
  • ストレス障害と疲労回復
食品と容器, 44(8), 428-433
矢澤一良, 2003年8月
  • マリンビタミンの機能とその応用
食品と容器, 44(7), 383-387
矢澤一良, 2003年7月
  • DHAとEPA-魚食と健康Ⅱ-
食品と容器, 44(6), 314-319
矢澤一良, 2003年6月
  • DHAとEPA-魚食と健康Ⅰ-
食品と容器, 44(5), 255-261
矢澤一良, 2003年5月
  • ヘルスフード科学の概念と特定保健用食品
食品と容器, 44(4), 188-192
矢澤一良, 2003年4月
  • 予防医学と健康の三原則
食品と容器, 44(3), 128-131
矢澤一良, 2003年3月
  • 魚の腸内共生微生物と高度不飽和脂肪酸
バイオサイエンスとインダストリー, 60(12), 23-26
矢澤一良, 2002年12月
  • 予防医学とマリンビタミン
海洋天然物化学 化合物ライブラリーとしての評価No.16, 39-43
矢澤一良, 2002年3月
  • マリンビタミンの機能性とその応用
ジャパンフードサイエンス, 40(12), 61-68
矢澤一良, 2001年12月
  • 疲労・ストレスと健康食品素材
FOOD Style 21, 5(9), 43-46
矢澤一良, 2001年9月
  • 不飽和脂肪酸のベビーフードへの応用
Food Style 21, 5(1), 47-49
矢澤一良, 2001年1月
  • Recent Development of Health Foods Enriched with DHA, EPA and DPA in Japan
Fatty Acids and Lipids – New Findings, World Rev. Nutr. Diet, 88, 249-252
矢澤一良, 2001年1月
  • 海洋性脂質の利用と今後の動向
Food Style 21, 4(7), 64-66
矢澤一良, 2000年7月
  • 21世紀に向けての機能性脂質
Food Style 21, 4(3), 43-45
矢澤一良, 2000年3月
  • 魚で体がよみがえる
東京水産振興会, 33(9)
矢澤一良, 1999年9月
  • 脂肪-予防医学とEPA・DHA
Health Sciences, 15(3), 123-128
矢澤一良, 1999年3月
  • DHA・EPA の海洋共性細菌による生産
BIO INDUASTRY, 15(1), 13-20
矢澤一良, 1998年1月
  • DHAの生化学
喘息, 10(3), 39-44
共著, 1997年7月
  • ドコサヘキサエン酸(DHA)の機能研究新動向
食品と開発, 32(6), 7-10
矢澤一良, 1997年6月
  • 海洋共生細菌によるドコサヘキサエン酸の生産
New Food Industry, 39(7), 1-6
矢澤一良、他, 1997年7月
  • 生理活性脂質の用途開発
FOOD Style 21, 1(3), 56-65
矢澤一良, 1997年3月
  • ドコサヘキサエン酸(DHA),エイコサペンタエン酸(EPA)の生理機能
日本食品科学工学会誌, シリーズ「生理活性を持つ食品開発の新戦略」第6回43(11), 1231-1237
矢澤一良, 1996年11月
  • 魚からとれる高度不飽和脂肪酸 DHA とその生理活性
高分子, 46(6), 396-397
矢澤一良, 1996年6月
  • DHA・EPA 強化牛乳・牛肉の生産
栄養生理研究会, 40 (2), 111-128
共著, 1996年2月
  • Production of Eicosapentaenoic Acid from Marine Bacteria
Lipids, 31, Supplement, 297-300
矢澤一良, 1996年12月
  • EPA・DHAの生産と利用
醸協, 90(4), 267-272
矢澤一良, 1995年4月
  • 海洋微生物による有用脂質の生産
Nippon Nougeikagaku Kaishi, 69(6), 716-718
矢澤一良, 1995年6月
  • 海洋細菌による EPA の生産と遺伝子工学
油化学, 44(10), 787-793
矢澤一良、他, 1995年10月
  • 家畜肉・鶏卵および牛乳における脂質構成脂肪酸の改善(その3)
食肉に関する助成研究調査成果報告書,Vol.13, 243-248
矢澤一良、他, 1995年10月
  • 新しい混合理論に基づく水産脂質エマルションの開発
食品と開発, 30(9), 45-48
矢澤一良、他, 1995年9月
  • DHA:基礎と効能
日本薬学会, ファルマシア, 31(1), 42-46
矢澤一良, 1995年1月
  • ドコサヘキサエン酸(DHA)
有機合成化学協会, 52(12), 1089-1090
矢澤一良, 1994年12月
  • DHAの生理活性と機能性食品・化粧品への応用
FRAGRANCE JOURNAL, 7, 38-42
矢澤一良, 1994年7月
  • 家畜肉・鶏卵および牛乳における脂質構成脂肪酸の改善(その2)
食肉に関する助成研究調査成果報告書, 12, 250-256
矢澤一良、他, 1994年12月
  • EPA および DHA の生産と利用
バイオサイエンスとインダストリー, 52(8), 17-22
矢澤一良, 1994年8月
  • EPAとDHA-最近の話題
日本脂質栄養学会, 3(1), 45-48
矢澤一良, 1994年1月
  • 海洋細菌による EPA の生産とその酵素系
油化学, 42(4), 278-285
共著, 1993年4月
  • 高度不飽和脂肪酸-EPAとDHAの市場動向(下)
ファインケミカル, 22(4), 11-19
矢澤一良, 1993年3月
  • 高度不飽和脂肪酸-EPAとDHAの市場動向(上)
ファインケミカル, 22(3), 13-18
矢澤一良, 1993年2月
  • 家畜肉、鶏卵および牛乳における脂質構成脂肪酸の改質
食肉に関する助成研究調査成果報告書, 11, 153-158
矢澤一良、他, 1993年11月
  • DHAの開発と応用
New Food Industry, 34(10), 37-42
矢澤一良, 1992年10月
  • Dimethylhydrazine(DMH)誘発ラット大腸aberrant crypt foci (ACF)のdocosahexaenoic acid(DHA)による抑制
消化器癌の発生と進展, 4, 73-76
共著, 1992年4月
  • 海産性高度不飽和脂肪酸の秘密を探る
石油学会, 15(9), 844-848
矢澤一良, 1992年9月
  • リン脂質 各種リン脂質の生理活性
油化学, 40(10), 845-857
矢澤一良、他, 1991年10月
  • ドコサヘキサエン酸の生理活性
油化学, 40(10), 974-977
矢澤一良、他, 1991年10月
  • 魚の眼窩脂肪における DHA の蓄積
化学と工業, 44(9), 1523
矢澤一良, 1991年9月
  • 微生物によるエイコサペンタエン酸の生産と応用
フードケミカル,微生物産生有用物質の生産と応用,1990-12, 62-71
矢澤一良, 1990年12月
  • 資源・環境と微生物
微生物, 5(6), 588-597
矢澤一良, 1989年6月
  • 魚類腸内共生微生物によるエイコサペンタエン酸の生産
化学と生物, 27(10), 625-626
矢澤一良, 1989年10月
  • 機能性食品素材としてのEPAとその品質保持
食品品質保持技術研究会, SQP89-17, 1-31
矢澤一良, 1989年9月
  • マリンバイオテクノロジー-海洋細菌による EPA の生産-
細胞, 21 (14), 545-550
矢澤一良, 1989年9月
  • 海洋細菌による EPA の生産と利用
BIO INDUSTRY, 6(7), 491-501
矢澤一良, 1989年7月
  • 新種海洋細菌からの EPA の生産
化学と工業, 41(12), 1137-1139
矢澤一良, 1988年12月

ページの
トップへ戻る