活動内容

学会発表(国際学会)

  • Effect of black tea on body weight gain and body fat accumulation in rats.
12th Asian Congress of Nutrition 2015 (東京)
Naoko Takamizawa, Asae Nakamura, Nao Yoshimoto, Mihoko Moto, Naotaka Hashizume,Yuri Hoshino, Kazunaga Yazawa, 2015.5
  • International Conference on Nutraceuticals and Cosmetics,
Safety and Function of Nutraceuticals 2014 (東京)
Kazunaga Yazawa, 2014.11.11-12
  • Effect of flaxseed consumption on postprandial blood glucose in humans
International Symposium on Fiber Science and Technology 2014
Naoko Takamizawa, Kaname Katsuraya, Mihoko Moto, Hidemaru Umemoto, Kazunaga Yazawa, Naotaka Hashizume, 2014年9月28日

学会発表

  • チアスプラウトの新規機能性の探索
第7回日本栄養・食糧学会大会(沖縄)
高見澤 菜穂子,青木 菜摘,加藤 有香,竹山 春子,矢澤 一良, 2017年5月
  • ウナギの卵の摂取による代謝機能への影響
第7回日本栄養・食糧学会大会(沖縄)
青木 菜摘,高見澤 菜穂子,加藤 有香,竹山 春子,矢澤 一良, 2017年5月
  • Bacillus subtilis natto を用いた発酵によるマコンブへの機能性付加
第12回日本機能性食品医用学会総会(京都)
橋口 慧理、三沢 宏、矢澤 一良、濱田(佐藤)奈保子 2014年12月13日
  • Lactobacillus casei を用いた発酵ヒダカコンブの新規機能性食品としての可能性
第12回日本機能性食品医用学会総会(京都)
二瓶 奈々子,三沢 宏,矢澤 一良,濱田 奈保子, 2014年12月13日
  • 紅茶の長期摂取がラットの脂肪蓄積に及ぼす影響
日本脂質栄養学会第23回大会
高見澤 菜穂子,仲村 麻恵,吉本 奈央,本 三保子,橋詰 直孝,星野 友梨,矢澤 一良, 2014年8月29日
  • 五倍子からのリパーゼ阻害活性物質の探索
新規素材探索研究会第13回セミナー
張 梅林,岡本 昌吾,賀 勝捷,西本 壮吾,矢澤 一良, 2014年6月6日
  • マウスおよびヒトに対する紅茶の抗糖尿病作用食後血糖上昇抑制効果
新規素材探索研究会第13回セミナー
高見澤 菜穂子,本 三保子,鬘谷 要,橋詰 直孝,矢澤 一良,2014年6月6日
  • 糖尿病2型糖尿病モデルマウスに対する紅茶の抗糖尿病作用
第68回日本栄養・食糧学会大会
内田 菜穂子,本 三保子,鬘谷 要,和田 政裕,中谷 祥恵,矢澤 一良,橋詰 直孝, 2014年5月31日
  • 納豆菌を用いた発酵マコンブの血圧上昇抑制作用
日本農芸化学会2014年度大会
橋口 慧理、他 , 2014年3月28日

学術論文

  • On-site Direct Detection of Astaxanthin from Salmon Fillet Using Raman Spectroscopy.
Jun-ichi HikimaMasahiro AndoHiro-o HamaguchiMasahiro SakaiMasashi MaitaKazunaga YazawaHaruko TakeyamaTakashi Aoki, TMarine Biotechnology,19(2):157-163, 2017年4月
  • Vascular effects and safely of supplementation with shark liver oil in middle-aged and elderly males.
Jun-ichi HikimaMasahiro AndoHiro-o HamaguchiMasahiro SakaiMasashi MaitaKazunaga YazawaHaruko TakeyamaTakashi Aoki, Expermental and therrapeutic, 10:641-646,2015年
  • Makomotines A to D from Makomotake,Zizania latifolia infected with Ustilago esculenta.
Jae Hoon Choi, Tomohiro Suzuki, Takumi Kawaguchi, Kimiko Yamashita, Akio Morita, Kikuko Masuda, Kazunaga Yazawa, Hirofumi Hirai, Hirokazu Kawagishi, Tetrahedron Letters,55:3596-3599, 2014年5月
  • Potential anti-osteoporptoc effects of herbal extracts on osteoclasts,osteoblasts and chondrocytes in vitro.
Yoshiki MukudaiEmail author, Seiji Kondo, Tomoyuki Koyama, Chunnan Li, Seika Banka, Akiko Kogure, Kazunaga Yazawa and Satoru Shintani, BMC Complementary and Alternative Medicine,14:29, 2014年1月

総説・著書等

  • アスタキサンチンのアンチエイジング効果とその有用性評価
隔月刊コスメティックステージ
矢澤一良, 2015年8月
  • クリルオイル含有サプリメント摂取の血中脂質へ及ぼす影響
薬理と治療 Vol.43 no.6
福本修一,勝又嘉之,吉川和彦,坂井田和裕,鈴木直子,山本和雄,高良毅,矢澤一良, 2015年6月
  • 食育における機能性おやつの意義
機能性食品と薬理栄養 Vol.9 No.1
矢澤一良, 2015年4月
  • 健常男女成人における唾液の分泌型免疫グロブリンA濃度に対する深海鮫肝油含有食品の効果
日本補完代替医療学会誌,第12巻第1号
濱舘直史、松本祥幸、四倉磨美、水上知江美、瀬戸加代子、矢澤一良, 2015年3月
  • 機能性食品、新たな展開機能性を高めたおやつの開発
食品と科学,Vol.57, No.3,64-68
矢澤一良, 2015年2月
  • 機能性成分の時間栄養学と機能性おやつ開発
New Food Industry 57(1)
矢澤一良, 2015年1-2月
  • アマニパン摂取による食後血糖上昇抑制効果
New Food Industry 56(12)
高見澤(内田)菜穂子、本三保子、鬘谷要、橋詰直孝、矢澤一良, 2014,19-25
  • この人に聞く研究最前線 機能性成分による「時間栄養学」でヘルスフード科学のさらなる進展をめざす
FOOD Style 21, 18(7), 2014, 8-11
矢澤一良, 2014年7月
  • 紅茶の糖質消化酵素活性抑制作用および食後の血糖上昇抑制効果
New Food Industry 56(7),2014,17-22
高見澤菜穂子、他, 2014年7月
  • 昆布は食べた脂肪分の吸収を抑える
NHKあさイチめざせ-3kg!簡単ダイエット 2014,41
2014年6月